戦争とおかま

おかまは平和です。
(念のため「おかま」とは古い言い回しで、mtf=男が女になるトランスジェンダーのことです)

どうしておかまは平和なのでしょうか。
おかまは戦争で殺された6歳の女の子が心臓マッサージされて、その脇に泣き崩れる母を見て、おいおいともらい泣きができるからです。
おかまはマッサージする医師が、プーチンお前は悪魔だ!と叫ぶのに心から同意できるからです。
おかまは大統領や首相といった偉い肩書きをつけていても、本質的な独裁者を見抜くことができるからです。
おかまは人殺しをする独裁者に、お前は軍法会議でA級戦犯だ!シベリア送りだ!と叫ぶことができるからです。
おかまは罪のないロシアの市民の憂いも憤りも想像ができるからです。
おかまはマイノリティなので、弱いもの、虐げられたもの、いじめ、無視に敏感だからです。
おかまは綺麗になろうとして、ヨガをし、納豆を食べ、顔筋を鍛え、化粧を研究し、爪のケアをするとても平和な人だからです。
おかまは本当の自分を隠すことなくさらけだし、自分に正直に生きる人だからです。
おかまは、国境や人種や思想や言語や文化の違いといった壁よりも、もっと根源的なジェンダーという壁を乗り越える人ですから、壁のなんたるかをよく知っています。厚さも高さも、そして大切さもよく知っています。
だからおかまは平和なのです。

付け爪はお試しでやめました。今「育爪」で爪のかたちを整える挑戦をしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました