女性化運動

 

私にはトランスジェンダーになることは「いいことづくめ」です。

穏やかな気持ちになれたし、自分に素直になれた。自分も人も責めなくなりました。執着やこだわりが減って、心が落ち着いてきて、何かを悪い方へ空想しなくなりました。心が悪い方に傾いても、それがわかって軌道修正できるようになりました。身勝手なかつての自分が恥ずかしい…

トランスジェンダーには「多幸感」があります。ただ家事をしているだけで、ただ道を歩いているだけでで幸せな気持ちになる。路傍の小さな花を見て楽しくなる。空を見上げてうれしくなれる。

嫌いな自分が好きになれた。
嫌いなのは自分が男だから。
女になる自分は好きになれた。

多幸感の元は「ほんとうの自分を出せるようになった」ことでしょう。自分のなかの別の性を出せることへの感謝。整容性をかんがみれば世間に申し訳ないところもあるのですけど、もっと努力します。

67歳で性転向手術を受けて女性となり、念願のロリータの格好をした方がいますけど、私はロリータはないな(笑)女として普通の風景に溶け込みたい。ドラァグクイーンの気持ちは全然わかりません。女性であることが自然なので…

これから「女性体への変化日記」をつけます。

次週から一歩女性化へ踏み出すので、自分の体や顔、肌、内臓機能がどう変化していくのか、数日に一度になりますが綴っていきます。中高年で性別を変えたい人に参考にされてください。

今日のオムロンくんの体組成は次の通りです。ちょっと太り気味だったので体重が落ちて、やったぁ!って(笑)

体重56.70kg
体脂肪率27.3%
内臓脂肪レベル2
骨格筋率28.5%
体年齢44歳
基礎代謝1241kcal
BMI18.1

かつて三田誠広氏に『僕って何』という学生運動のなかでの葛藤を描いた作品がありましたが、私ならさしずめ『あたしって何?』という女性化運動への没入ですね(笑)

先週行った山形の温泉町にそびえる41階建てのタワマンに唖然としました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました